緊急地震速報の有用性を知る~地震の対応に自信アリ!~

不用品

緊急地震速報

2種類の緊急地震速報とは

garbage

緊急地震速報受信機は緊急地震速報を受信するものである。 緊急地震速報とは、地震発生後に緊急地震速報受信機設置場所まで大きな揺れが到達する前に警報を発することを目的とした地震早期警報システムです。 2004年に一部緊急地震速報受信機の試験運用を開始し、207年10月1日からは一部離島を除いた国内ほぼ全域全ての住人を対象とした緊急地震速報受信機の本運用を開始しました。なんとこのような同種のシステムとしては世界初である。これは地震大国である日本にてっとは必然であり納得がいくことでしょう。 緊急地震速報には大きく分けて2種類がある。 まず1つ目は推定震度5弱以上の際にテレビ放送や携帯端末などで震度4以上の強い揺れの地域として伝える「一般向け」(地震動警報)。 2つ目は発表基準が低く語法の可能性が高いという懸念材料もあるが各地の震度や揺れの到達時間などがわかる「高度利用者向け」(地震動予報)である。

緊急地震速報受信機のこれから

地震警報システムの開発として日本では1990年代から一部で実用化していたが一般への発表もされていなかった。しかし、1995年に起きた兵庫県南部地震が大きな影響となり直下型地震を対象にした地震警報システムにも関心が高まってきた。 2012年5月31日に気象庁は緊急地震速報の的中率を発表している。2099年度までは大きな震度の回数も少なく的中率も75%を超えていたが、2010年度3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震後には余震も相次いで発生したことと、ほぼ同時に発生した複数の地震を一つの大きな地震と謝った判断もあり28%まで下がってる。 その後は小規模な地震を予測計算から除外するようプログラムうを改修しよく2011年度には56%にまで上昇している。 CATV分野においてオプションとして緊急地震速報システムなどもあり比較的安価で提供されておりケーブルテレビによっては公共施設に無償提供していることろもある。 また、1人1台は当たり前の携帯電話へもNTTドコモ、au、ソフトバンク、イーモバイルの4社で緊急地震速報を配信しており今後はさらに身近なものとなるだろう。